快適な会話

資料をペンでなぞる

マニュアル翻訳に関するこれまでの変遷を読む

私たちが何か機器、機械などを操作させようとした場合、特に初期の使用に関しては、マニュアルが必要になります。この作業は、例えば海外から機械を仕入れた場合、逆に製品を輸出する様な場面においては翻訳作業が必要になります。余程大手の企業の場合には、専門に作業を実施させる人員を配備する事も可能ですが、多くの場合には、マニュアル翻訳を専門業者に依頼するケースもあります。 マニュアル翻訳の変遷としては、近代に入ってから盛んになった作業でもあります。それ以前にも書物の翻訳作業などはかなり古い歴史をもっていましたが、産業革命が進んで以降は、19世紀頃から20世紀に掛けてマニュアル翻訳の作業が必要になった経緯を辿っています。現在の様に、簡単に翻訳作業などを専門業者に依頼する事ができる様になったのは、戦後暫くしてからの事になります。最近では、電子化における作業も進む状況となっています。

今後の動向を予測する

日本では、特に精密機械などを研究・開発する事に優れた能力を発揮している事が多く見受けられます。世界的にもその技術力については、認知されるところとなっており、現在では特に自動車業界の活躍は日本の産業を支える状況でもあります。この事から、機械、自動車、精密機器などを海外に輸出する機会も増えていく事が考えられます。最近では、取引先として、英語圏に限る事なく多くの国との交流が盛んになっている状況でもあります。それに伴い、マニュアル翻訳を行う必要性が今後も更に増えていく事が予想されます。 また、マニュアル翻訳については、内容把握をまずはベースとして、間違った文章を仕様書として配布する事ができませんので、専門業者に作業を依頼するケース、企業なども増えていくと考えられます。