ネットが使える

キーボードを打つ様子

翻訳サービスについて

これまでの翻訳サービスと言えば、翻訳を専門に請け負う企業に登録し、そこに依頼する必要がありました。医学論文などの専門論文であればあるほど、その分野に特化した企業に依頼することが求められていたのです。ましてや、翻訳の品質を担保するためには、信頼のおける企業に依頼することが必要です。したがって、これまでの医学論文の翻訳は非常にコストがかかっていました。そのコストとは、費用のみならず時間もかかっていたのです。もちろん、高度な医学論文であれば翻訳するのに時間はかかります。そして、最近ではそのコストを下げるための翻訳サービスが誕生しています。これまでよりも費用が格段に安く抑えられ、翻訳に関する費用は下がる傾向にあります。

サービスの変遷について

インターネットの環境が翻訳の工程を変えようとしています。最近生まれたサービスにおいては、個人間で翻訳の依頼を行うことができるようになって来ています。例えば、医学論文を日本語に訳してもらいたい場合、そのプロジェクトについてインターネット上で公開します。そして、そのプロジェクトに入札してきた翻訳者たちを選考し、その中から発注する人を選ぶのです。このように、発注者と受注者を仲介するインターネットサイトが誕生し、人気を集めています。入札形式で受注者を募りますから、発注の費用は必然的に安く抑えることができるのです。仲介する会社を通さずに直接受注者とやりとりをするので、これまでよりもスピーディーに作業が進んでいきます。