自信がある

メモをとるペン先

医学論文の英語表現に自信がありますか

医学の分野で研究業績をあげようとすると、英語論文は必須となります。 研究成果が世の中に認められるためには、世界中の医学系研究者が読むような雑誌に論文を掲載する必要があり、そのための言語としては、英語が最も重要だからです。 医師や研究者であれば、英語の論文を読む機会が多いでしょう。しかし、英語を書くとなると、本当に伝えたいことを正しく伝えられているかどうか、英語らしい言い回しや論理展開になっているかどうかが、悩むところです。 英語を母国語としていない日本人にとっては、例え、翻訳ソフトなどを駆使して何とか英語論文を書いたとしても、その表現が本当に正しいのかという判断自体が、つきにくいからです。 また、一番伝えたい内容に限って英訳しにくいということもあったりします。それを何とか伝えようとするために、だらだらと長い英文を書いてしまうということもあるでしょう。 本当なら採択されると思われる論文が、英語表現の困難さのために、不採択となってしまうのは勿体ないことです。 以下では、こんな悩みを解決するための医学論文翻訳サービスのメリットについて紹介します。

翻訳サービスのメリット

ウェブ検索をすると、医学論文翻訳サービスがたくさん出てきます。 評判の良い翻訳会社であれば、翻訳者が英訳を得意としているだけでなく、投稿する論文の内容に関して専門性があることも多いようです。 また、ひとりの人が翻訳をするのではなく、複数体制でチェックを入れるため、翻訳された英語の質はとても高いものとなります。 本来、論文投稿は、研究内容を世界中の研究者に伝えることが目的のはずです。英語を母国語としていないために、研究内容を発表する場が国内に限られてしまったり、十分に伝えられなかったりするのは、悲しいですよね。 その点、医学論文の翻訳サービスを利用すれば、英訳は翻訳サービス会社にまかせて、自分自身は論文を書くこと自体に集中できることになります。 また、論理展開が明確になりますので、投稿した論文の本質的な部分について審査してもらうことができます。 研究成果を最大限伝えられるようにするために、医学論文翻訳サービスをぜひ活用しましょう。